人気ブログランキング |
ルーテシア4 ph1/RS カーボナイザー処理 73102km

11500km走行ぶりにカーボナイザー処理をしました。

直噴エンジンの宿命、吸気系のカーボン堆積。
レックスやカーボナイザーでの除去は必須メンテナンスです。

エンジンが壊れる前にやっときましょう〜〜。(^^)

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1779063852242728/

ルーテシア4 ph1/RS カーボナイザー処理 73102km_f0032891_15034498.jpg



JB64ジムニー用アーシングキット レビュー。

キットを購入して、ご自身で施工された方からのレビューが届きました。
リンク先をお読みくださいませ。

https://minkara.carview.co.jp/userid/3303706/car/3013565/10831905/parts.aspx



とても良い体感が得られたようで私もうれしいです😊

燃費に関しては、アーシング施工前と同じ加速度で発進〜加速するのには、従来よりアクセルペダルを踏む量が減るため「燃費向上」が期待できる、というものです。

こちらのガレージで私が施工させていただいたオーナーさんには、「右足の理性を大切に」と伝えています。(笑)

時々、帰り道で速度違反で捕まる方もおられる為でもありますが。´д` ;

ということで、大好評販売中です!

ぜひご活用くださいませ。(^^)

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1773932772755836/

JB64ジムニー用アーシングキット レビュー。_f0032891_16145992.jpg


# by wakky-yowdow | 2020-11-09 16:13 | ・アーシング
ルーテシア4/0.9ターボ/MTアーシング施工。

久しぶりにルーテシアにアーシング施工させていただきました。

接続ポイントは、キットと同様。
http://www.yowdow.com/earth/p_lutecia4_0.9.htm

加えて、純正ボディアースとバッテリーマイナスターミナル部の下地処理などの最適化を行いました。

オーナーさんの感想は?
------------------------

ありがとうございました!
先程、寄り道しつつ帰宅しました。

感想👍

まず、クラッチが繋ぎやすくなりました。
ローギヤでの低速走行がやりやすくなったような…

兎に角、アクセルのレスポンスが良くなりました!

あと…皆さんおっしゃられるオーディオの音が良くなりました。特にAMラジオがクリアに!
施工前は遠くで、くぐもった音が鳴ってたんで全然違いました!

やって頂いて良かったです。

改めてありがとうございました!今後ともよろしくお願いします。

------------------------

ということで、大変高評価をいただきました。

電スロのタイムラグや低回転域のトルクの立ち上がりが「開発品質」に戻り、このような体感が得られたわけですね。

【参考ページ】
https://yowd.exblog.jp/31342802/


オーナーさんもInstagramで、感想を投稿してくださっています。
https://www.instagram.com/p/CF4i5qRBlrp/?igshid=13lzxgkrexg76

フロントの軽いルーテシア4/0.9ターボの利点を生かして、色々なシーンで軽快に走っていただきたいですね。

もちろん、ボトムトルクもアップしているので、シフトチェンジをサボったズボラ運転も可能ですが。w

ルーテシア4/0.9ターボ/MTアーシング施工。_f0032891_16360792.jpg

ルーテシア4/0.9ターボ/MTアーシング施工。_f0032891_16360838.jpg

ルーテシア4/0.9ターボ/MTアーシング施工。_f0032891_16361066.jpg




# by wakky-yowdow | 2020-10-06 16:31 | ・アーシング
・アーシングとは?(2019.01.29更新)

皆さんお乗りの車の馬力とトルクは何馬力 何キロでしょうか?

カタログには、例えば200馬力20キロと書かれていたとしましょう。しかし、それは車両に積んでいない状態で測定されたもの。車両に積む際には、いろいろと省略されてしまいます。

その中でも、車両の性能に大きく影響を与えるのが、アースの省略です。

結果、シャシーダイナモで工場出荷状態の車両の馬力を測ると180馬力も出ていなかった、というような話はちょくちょく耳にします。

その省略されたことによってダウンしたエンジン性能や様々な電子機器の性能を、本来の性能に回復させてやるということが、アーシングの目的です。

一言で言えば、「開発品質」と「製造品質」の差をなくして、「本来のノーマル」に戻してやる。ということです。

・純正のアース環境
工場出荷状態の車両の純正のアースポイントは、大抵の場合
「ボディアースのみ(間接的にミッションケースなどにアースが接続されている)」
「ボディとミッションケースの2本」のことが多いです。

ですので、車両が必要としている部分には 間に様々な抵抗が生じていて、オルタネーターが最大発電の際に出力している14.4vからは、かなりドロップした電圧しかかかっていません。

14.4vでやっと正常に働くように作られている部品、例えば点火プラグも(点火コイルで増幅されていますが)想定された火花の強さに達しません。
(以前、知人が測定した際に13.5vしかなかったという例もあります。)

そのような弱い火花では開発品質の完全燃焼には程遠い燃焼状態ということになります。

現代の自動車はご存知のように、電気で動いている部品が山のようにあります。ですから、昔の自動車よりも、アース環境というものはより重要なファクターになっています。

・アースの増設を必要としている部品
ここまで記述してきたように、工場出荷状態の車両のアース環境は多かれ少なかれ「開発品質」からは悪くなっているわけです。が、だからと言ってやみくもにアース線を増設すれば解決する問題ではありません。接続しても無意味な所に増設されている車両をイベント会場などでよく見かけます。
それでは、どんな所にアースを増設すれば良いのかを解説していきます。

1:シリンダーヘッド
点火プラグの火花を正常に戻してやる為のポイントです。
点火プラグがねじ込まれているのは、エンジンのどの部分でしょう?
シリンダーヘッドカバーでもなく、シリンダーブロックでもなく、シリンダーヘッドです。
本当ならば、点火プラグのマイナス極に直接アースをひきたいところですが、それは現実的に無理なので、シリンダーヘッドに直接アースをひくことが重要です。

2:ボディアース
純正のボディアースは、塗装が乗ったままだったりキレイに下地処理されていない部分に取り付けられていることが多く。また接続ポイントの選択もイマイチ車両全体のアース環境を上げているとは言えない場合もあります。
一番良いのは、メインフレーム(サイドメンバー)に直接アースをひくことです。(エンジンルームのレイアウト上、不可能な車両も多いですが)
大方の電装品は、ボディアースでアースをとっています。それら全部の性能が元に戻ります。カーオーディオなどは良い例です。

3:電子制御スロットル
一昔前の車のスロットルはアクセルペダルとスロットルバタフライが、ワイヤーで直接繋がっていました。従ってペダルを踏んだら同時にバタフライが開き、ペダルを緩めたら閉じる。当たり前のことが現象として起きていました。
しかし、電子制御スロットルが一般的になっている現在では、ペダルを踏んでも一瞬遅れてバタフライが開き、ペダルを放しても一瞬遅れてバタフライが閉じるというタイムラグが生じているのです。
その現象を解消するのが電子制御スロットルへのアース追加です。

4: ECU(エンジンコントロールユニット)
コンピューターのことです。現代の車の場合、エンジンだけでなくATの制御も一つのコンピューターで行っている場合が多く、アースをとる重要性は高まっています。
ご存知の通り、エンジンルーム内はノイズの嵐状態です。そのような劣悪な環境においてはコンピューターも本来の性能どおりには制御できないことが多いです。そのノイズをアースをとることで逃がしてやり、本来の制御性能を取り戻すということです。ECU本体がボディにボルト止めされているような車種の場合は省略することもあります。

5: O2センサー
今から15年ほど前、マフラーアースというものが流行したことがありました。
マフラーからボディ床下にアースをひくというものです。奇想天外なwebページでは、そのことによって排気が渦を巻き排気効率が良くなる!なんて突拍子もないことが書かれていましたが。
実はこれは、O2センサーのアースのことなんです。その頃の車は排気管の床下あたりにO2センサーが付いていたため、誤った解釈が生まれたのでしょう。
O2センサーにアースをひく目的について説明しますと、
排気ガスというものは、実は細かい粒子ですよね?そして排気系(エキマニ・マフラーなど)は金属で出来ています。その為、排気ガスが通過する際に金属と擦れ合って静電気が発生します。この静電気がノイズとなってO2センサーの信号を正確ではないものにしてしまうのです。このノイズをアースしてやることによって逃がし、より正確なO2センサーの信号をECUへ送れるようにしてやることで、ECUの制御をより正確にしてやる。ということです。

・まとめ
この他にも車種によっては、ミッションケースなどへの増設もメニューに入れることもありますが、大まかにいえばここまで記述したポイント全てにアースをひくことで「開発品質」の「本来のノーマル」に戻すことが出来ます。
尚、全部のポイントに接続できなくても、体感があるケースが多いですね。

その体感については、当「ワッキーの自動車実験教室」のブログやFacebookページに施工されたオーナー様のインプレが掲載されていますので是非ご覧になってください。

ネット検索の方法は簡単です!! 「ワッキーさん」で検索してください。
「ワッキーの自動車実験教室」のホームページが2つとFacebookがトップに出てきます。
(お笑い芸人のワッキーが病気になった記事が増えた為、トップではなくなりました。)

さあ、今すぐ「ワッキーさん」で検索をして、アーシングホームページから「施工例&インプレッション」「ブログ」へアクセスしてみてください。
・アーシングとは?(定期更新)_f0032891_16363662.jpg


# by wakky-yowdow | 2020-08-30 16:36 | ・アーシング
JB64ジムニー アーシングキット レビュー

キットをご自分で購入して取り付けされた方からのレビューが届きました。

「キットの内容」
http://www.yowdow.com/earth/p_jb64.htm

さて、オーナーさんの感想は?

------------------------

本日アーシング装着を完了し、先ほど試走から戻ってまいりました。
以下、ファーストインプレッションを。

一言でいえば、効果てきめん!JB64乗りは全員装着すべし!!というものです(笑)

ますは、クラッチミートがはるかに簡単になりました。
JB64のR06Aセッティングでは、アイドリングから最初の吹け上がりが眠たい感じで、それと相まってクラッチのミートポイントがエライ手前なので、長年MTに乗ってきた私でもスタートでもたついたり、エンジンを吹かしすぎたり、ジャダーみたいな振動を出してしまったりと、運転が下手になったかのような気がしていました。

アーシングの結果、アイドリングから最初の立ち上がりがスッと吹けるので、スムーズにクラッチミートができるようになりました。

昨日までは「このクラッチ嫌い」と毒づいていたのが嘘のようです。
2速発進もアーシング以前よりはるかにストレスフリーです。

もう一点は高めのギアでもフラストレーションを感じなくなったことです。

R06Aはトルクのピークが3,000rpmあたりにありますが、2,000rpm~3,000rpmのあたりに体感的な「トルクの谷」があって、
4速や5速でこのゾーンにはまってしまうとアクセルをいくら踏んでも前に出ませんでした。

ちょうど4速3,000rpmで60km/hでクルージングしているときに5速にあげるとゾーンである2,100rpmに入ってしまい、そこから前に出るのは自分の上半身だけでクルマが前に出てくれません。
これが解消されました。

加速中や減速中にゾーンにはまった時、これまでは迷わずシフトダウンしていたのがその必要がなくなりました。これは大きいです。

5速/2,100rpmでも踏めば速度が上がり、離せば速度が下がるという、期待した通りの動きをクルマがしてくれるようになりました。

これでだいぶストレスが解消されましたし、恐らく燃費にもてきめんに効いてくると思います。
ちなみに納車から400kmで総平均燃費は満タン法で12.8km/lなので、次回の給油が楽しみです。

------------------------

以上、非常に良い評価をいただきました。

「開発品質」と「製造品質」の差は、かなり大きいわけですね。

「参考ページ」
https://yowd.exblog.jp/30840237/

クラッチ操作が簡単になったのは、ズバリ「電スロ」へのアースのおかげですね。
最近のスズキ車の電スロのタイムラグは非常に大きく、JB64やスイフトスポーツなどでもよく話題になってますよね。で、スロコンを付けたりして余計に泥沼へ…なんてことも。


「開発品質」になり、本来の「真の姿」のJB64ジムニー、とても素晴らしい車ですね。
いよいよこれから楽しいジムニーライフが始まるかと思うと、私もうれしいです😊

オーナーさんのSNSでのレポートも楽しみです。

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1693313977484383/

JB64ジムニー アーシングキット レビュー_f0032891_17282163.jpg




# by wakky-yowdow | 2020-08-20 17:28 | ・アーシング
JB64ジムニー アーシングキット レビュー

キットを購入してご自分で取り付けされた方からのレビューです。

キットの内容は↓
http://www.yowdow.com/earth/p_jb64.htm

さて、オーナーさんの感想は?

------------------------

走行フィーリングはスロットルレスポンスが劇的に改善されまして、アクセルのつき と言うとへんな表現ですが本当によくなりました。

また、車重が大人1人分(以上かな?)ぐらい減った感じです。

いずれ市販のスロコンを付けることを検討してましたが、これなら必要ないと思いました。

また、以前と同じ車速に達するまでのアクセル開度が少ないので燃費にも.良い効果が得られるのではないかと期待しています。

いずれにしても良いものを作成していただきましてありがとうございました。

------------------------

「開発品質」のジムニーって、なかなか良い感じですね。

人気のJB64ジムニー用キット、ぜひご活用くださいませ‼️

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1682232725259175/

JB64ジムニー アーシングキット レビュー_f0032891_06291505.jpg

JB64ジムニー アーシングキット レビュー_f0032891_06291692.jpg



# by wakky-yowdow | 2020-08-09 06:28 | ・アーシング
マーチBOX 1.0L(2000年11月登録) 走行距離:82,780km

20年モノの旧車のアーシング施工をさせていただきました。

オーナーさんが、インスタグラムに詳しくレポートしてくださったので、ほぼコピペで投稿させていただきます。
------------------------

2018年8月のカングーに続き2台目のアーシング施工。
*
妻の妹から乗り継いで約6年半、普段使いのチョイ乗りがほとんど。アクセルの追従性が悪く、なかなかシフトアップしてくれなくてエンジンが唸りをあげていた。ほぼチョイ乗りしかしないけど、耐えられなくなってきた。
*
今年の初め頃からワッキーさんにお会いする事があったらお願いしようと思っていたが、ようやく先日テクノパンでお会いする事ができたのでお願いした。
*
2年程度の販売期間で不人気車❓今や街中で出会う事もない激レア車。事前にエンジンルームの写真をワッキーさんに送り、後は現場で確認となった。
*
まずバッテリーとその台座を外して、増設するボディアースポイントや純正アース等の確認。ある程度の目処がついて作業開始。
*
施工例のない車なので、色々と試行錯誤しながらも作業は進み、作業完了。
*
施工後の感想は以下。
*
・シフトアップのタイミングが以前より早くなり、1速→2速、2速→3速の変速がスムーズになった。
*
・きつい上り勾配は別として、緩やかであればアクセル開度に合わせた加速をするようになった。
*
・下り坂ではODカットでエンブレの効きが良くなった。
*
・ラジオは音が鮮明になった。
*
1.0Lの4ATで非力さは如何ともし難いが、アーシング施工でずいぶん改善された。やはりお願いしてよかった😆
*
ワッキーさん、本当にありがとうございました😊

------------------------

ということで、無事蘇りました!

純正のアース環境が、けっこうトホホだったのに、20年間壊れずに走っていたのは、流石「日本車」。同じ時代のルノーやプジョーの例の4ATならとっくの昔に壊れているでしょう。

さて、目指せ30年で、これからも楽しく走っていただきたいと思います。(^^)

↓インスタグラム
https://www.instagram.com/p/CCkS7GohZgA/?igshid=o46fwfa1kttf


https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1676090172540097/

マーチBOX 1.0L アーシング施工_f0032891_15372955.jpg



マーチBOX 1.0L アーシング施工_f0032891_15373071.jpg


# by wakky-yowdow | 2020-08-02 15:36 | ・アーシング
トゥインゴ3/ph1/0.9t/EDC(AT)アーシング施工

【施工ポイント】
・フロント
ボディアース増設

・床下からリア
ボディアースポイント最適化
シリンダーヘッド
電子制御スロットル
O2センサー

へのアースを行います。

床下の作業が多い為、カーランプに乗り上げての作業です。

さて、オーナーさんのインプレは?
------------------------------

ワッキーさん アーシングインプレ 2020/7/24

TWINGO3 phase1 0.9T EDC 2017/3月登録

発進時
・発進時:今までは、アクセルを踏んでもワンテンポ遅れていた感があったが、アクセル操作に対して発進がリニアになった。
・遅れなくなったのをそう感じているのか、トルクが若干増えた感あり。

変速時
・アップシフト側:1st->2nd->3rd、特に1st->2ndの変速ショックが小さくなった。
・ダウンシフト側:停車間際のシフトダウンショックが小さくなった。

走行時
・基本デフォルトのECOモードで走ってますが、今までは登坂時に加速しない場合は、踏み込むかECOモードを解除してシフトダウンさせてましたが、その頻度が減少しそのままのギヤポジションで登れるようになった。
・同じくECOモードでの高速道路で、巡航から6速のままアクセルを踏み込んだ分だけ加速してくれるようになった。
いずれもいわゆる粘る感じで乗り易くなった。

オーディオ
・純正オーディオのままで解像度が悪く耳障りな音質だったので音量を上げて聞けなかったのが、解像度が良くなり雑味がかなり減ったことで高速道路で音量を上げなくても良く聞こえるようになった。

電動パワステ
・今まで極低速域、例えば駐車場から出る時などで素早く大きく切る必要がある時に切り過ぎることがあり、タイヤ剛性のせいで遅れているのかと思っていたが、それが改善されているような気がする。→これは気のせいかも。

------------------------------

ルノーの上級車種にお乗りの方からは、「未完成のまま発売したの?」とも言われるトゥインゴ3のph1。
「開発品質」に戻すことで、これだけステキな車になるんですね。

「開発品質」と「製造品質」の差、侮れませんよ。

参考ページ↓


https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1672543812894733/
トゥインゴ3/ph1/0.9t/EDC(AT)アーシング施工_f0032891_11032927.jpg

トゥインゴ3/ph1/0.9t/EDC(AT)アーシング施工_f0032891_11033220.jpg

トゥインゴ3/ph1/0.9t/EDC(AT)アーシング施工_f0032891_11033660.jpg


# by wakky-yowdow | 2020-07-29 11:02 | ・アーシング
ルーテシア4RSアーシング施工

ルーテシア4/ph1/RSトロフィーに施工させていただきました。

接続ポイントはキットと同様。
http://www.yowdow.com/earth/p_lutecia4_rs.htm

加えて、純正ボディアースの下地処理〜最適化。バッテリーマイナスターミナル部の最適化を施しました。

オーナーさんのインプレは?
------------------------------

帰路は、雨の為ノーマルモードでいつものように走りましたが、シフトアップが、パッ パッと行われ2000回転~のトルクが増したように感じます。

アイドル時の排気音に変化もあり、ドスの効いた音に…振動はありません。(完全燃焼に近づき、低級ノイズが減った)

 タイヤノイズがうるさく又、濡れた路面にラジオでの音楽が消され、音の変化は確かに有りますが…スッキリした、そしてアナログ音楽のように音の厚みは感じ取りました🎶 

スタータモーターの回転はより軽く早く変化したのは確かです✌️

アクセルペダルとスロットルの追従性。右足親指の微妙なストロークにも反応しますね。
------------------------------

2ndインプレ

今晩は、高速と一般道半々での燃費、満タン法ですが…normal モードでこの値で、びっくりです。
10%はupしました。
(395.9km/29.28L = 13.5km/L)

人のアクセルワークをより機械が丁寧に、トランスミッションとエンジンの制御を…した結果だと思います。

一般道でもスポーツモードONにした方が走り易くなりました。

どちらもギヤは、アップ・ダウン共に丁寧に制御している感覚です。 

ラジオの音楽もボーカルの声🎤は1歩前に出て、音の位相も良くなりました。ありがとうございました。

------------------------------

以上、とても良い結果が出て私もうれしいです。

毎度毎度書いていますが、ルノーの「開発品質」の高さは折り紙付きですね!

工場出荷状態のコストダウンされた「製造品質」のまま乗っているのは、ホントもったいない。

さて、オーナーさまにおかれましては、上質な本来の姿のルーテシア4トロフィーで、素敵なドライブを楽しんでいただきたいと思います。

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1622554971226951/


ルーテシア4RSアーシング施工_f0032891_15095508.jpg

ルーテシア4RSアーシング施工_f0032891_15095747.jpg




# by wakky-yowdow | 2020-06-02 15:09 | ・アーシング
ルーテシア4/0.9/ MTアーシング施工

ルーテシア4 ph2の0.9/5MTに施工させていただきました。

接続ポイントはキットと同様。
http://www.yowdow.com/earth/p_lutecia4_0.9.htm

加えて、純正ボディアースポイントの最適化。
バッテリーマイナスターミナル部も一度外して最適化しました。

オーナーさんのインプレは?
------------------------------

先ほどはありがとうございました。無事テクノパンに到着しました。

で、ここまで運転してのファーストインプレッションですが、
「とても運転しやすくなりました!」

自分では、この車を所有するまでずいぶんMTを運転していなかったからか、歳を取ったからか、「下手くそ」になったなぁ、と思っていたのですが、違いました…。

シフトチェンジがとてもスムーズになり、クラッチ操作も思い通りの感じに繋いでくれます。
加速も自分の思った感じに走ってくれます。
とても運転が楽しいです😁
(シフトチェンジは、電スロのタイムラグがなくなった事の影響が大きいと思います)

------------------------------

いま無事に帰宅しました。
インプレッション2です。

先ほどの文ではわかりにくい表現だったとおもいました。
簡単に言うと、アクセルのレスポンスの向上により、シフトチェンジがスムーズになったということです。
(シフトアップ・シフトダウンともに、アクセルペダルとスロットルの追従性が正確になる為)

トルクの幅も広がったおかげで運転もしやすくなりました。

高速、気持ちよかったです😁

また何かあればよろしくお願いします。

以上。()内は、ワッキー 補足。
------------------------------

この、0.9/5MTの「開発品質」は、素晴らしいですよね。
「製造品質」のままで乗っているのはとてももったいない!

ルーテシア4の中で一番軽快に乗れるグレード。
より多くの方に「真の姿」を体験していただきたいですね。

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1618852804930501/?d=n

ルーテシア4/0.9/ MTアーシング施工_f0032891_07121161.jpg

ルーテシア4/0.9/ MTアーシング施工_f0032891_07121295.jpg




# by wakky-yowdow | 2020-05-29 07:11 | ・アーシング