人気ブログランキング |

カテゴリ:・メンテナンス モディファイ( 149 )

ルーテシア4RS オイル交換 62278km

いつものワコーズ4CTs 5w40。

前回のレポート→ https://yowd.exblog.jp/30915495/

5000km弱で交換できました。
オイル交換後は、途端に静かになるようなこともなく、普通から普通に。
冬場だったこともあり、オイルの寿命に関しては大丈夫のようでした。

オイルの量は、約4.3リットル入りました。7分目。

次回は、フィルターも交換。
アンダーカバーに、メンテナンスリッドを付けておきたいのですが…。
なかなか気力があ〜〜w

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1552079411607841/?d=n

ルーテシア4RS オイル交換 62278km_f0032891_07502205.jpg

ルーテシア4RS オイル交換 62278km_f0032891_07502405.jpg


ルーテシア4RSカーボナイザー処理。61774km

前回 https://yowd.exblog.jp/30905946/ から
約4500kmしか走っていませんが、カーボンが溜まりやすそうな走り方ばかりしていたので(1500rpm巡航を長時間とか)、カーボン落としやっときました。

やって正解だったと実感。

ちなみに、今回から、溶剤の注入する場所は、スロットルの下流すぐに。(画像参照)

スロットルバタフライの軸に溶剤がかかるのは良くないと、レックス系の方面からの情報があった為です。


ルーテシア4RSカーボナイザー処理。61774km_f0032891_19224124.jpg

ルーテシア4RSカーボナイザー処理。61774km_f0032891_19224549.jpg

ルーテシア4RSカーボナイザー処理。61774km_f0032891_19224836.jpg


ルーテシア4RS、ワコーズ フューエルワン 投入。59912km
備忘録。

前回
https://yowd.exblog.jp/30905946/



ルーテシア4RSエンジンマウント交換の感想

ルーテシア4RSのエンジンマウント類は3点支持。
ルーテシア2RSの4点支持と比べてコストダウンというかアレですので、交換後の変化は大きかったです。

交換作業のレポートは↓
https://yowd.exblog.jp/30994631/

さて、交換後 100km程走りました。

一番変化を感じたのは、意外にも! 3〜5速1500回転で巡行時のフィーリング。
サスペンションが路面のザラザラを受け止めている時に、それとは違う周期でパワーユニットが揺れていたのが解消され、車体の動きに一体感が!
高級な車になった感じです。

また、踏切渋滞から踏切で一旦停止する時も、パワーユニットが一瞬遅れて前へ倒れていた気味の悪いスナッチングが無くなり、快適に一旦停止ができる。

そして、バイパスの流れをリードして走るようなシーンでは、ゆるいカーブで車体のロールとパワーユニットのロールに位相差が無くなり、まるでステアリング剛性が高くなったかのようなフィーリング。
これも高級感が出ました。

あとは、コーナー進入時のブレーキングから転舵する時。
車体の動きとパワーユニットの動きに一体感が出て、安心して進入することができるように。

もちろん、単純にエンジンの前後スナッチングが減り運転が楽になりましたよ。

これらの不快感は、走行5万キロの頃からよく感じていたので、もうちょっと早くに交換しておけばよかったなあと思います。

皆さんの4型RSはどんな状態ですか?

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1493009880848128/

ルーテシア4RSエンジンマウント交換の感想_f0032891_08173413.jpg



ルーテシア4RS エンジンマウント交換 59401km

走行約6万キロ、エンジンマウントを全部交換しました。

・右上のメインマウント
・床下のトルクロッド
・バッテリー下のミッションマウント

上記3点。

メインマウントとトルクロッドは簡単。

ただし、メインマウントのボルトを緩める前にオイルパンにジャッキ を当てて支えておきます。
もし忘れたら、エンジンが地面に落ちます。

問題は、バッテリー下のミッションマウント。

作業マニュアル無しで、試行錯誤しながら作業をした為、この1個の交換に2時間もかかってしまいました。

一番効率的な手順は、
・バッテリーを下ろす。
・エアクリーナーボックスを外す。
・バッテリーの受け皿にハーネス類を固定しているブラケットのM6ボルト2本を外す。
・バッテリーの受け皿を取り出す。
・ミッションマウントが固定されているナットを緩め、少し残してギアプーラーでテーパー締めを解除してマウントを外す。

あとは、逆の手順で元に戻す。

これまた、忘れてはならないのは、
ミッションを下からジャッキで支えておくこと。忘れたらミッションが地面に落ちます。

ということで、久しぶりに重整備を行って疲労困憊なワッキーは、テスト走行もせずに、夕方から酒飲んで寝てしまいました。
正月の三日から、ようがんばったわあ〜w

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1491004397715343/

ルーテシア4RS エンジンマウント交換 59401km_f0032891_08525535.jpg

ルーテシア4RS エンジンマウント交換 59401km_f0032891_08525783.jpg

ルーテシア4RS エンジンマウント交換 59401km_f0032891_08564607.jpg

ルーテシア4RS エンジンマウント交換 59401km_f0032891_08525949.jpg

ルーテシア4RS エンジンマウント交換 59401km_f0032891_08530001.jpg


ルーテシア4RS EDCのスリップポイントの初期化 59215km 20191226

最近、車庫入れの時などの微速時にクラッチが繋がったり切れたりする例の現象が起きてきたので、お決まりの「スリップポイントの初期化」をしてもらいました。

作業は、物理的なことは一切行わない。
ディーラーでクリップ診断機を接続して、パソコンでこちょこちょしてもらいます。

おかげで、スムーズになり、変な動作は無くなりました。(^^)

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1482627695219680/

ルーテシア4RS EDCのスリップポイントの初期化 59215km 20191226_f0032891_13245226.jpg


ルーテシア4/RS フロントストレーキ追加 57400km

純正のストレーキだと物足りないので空力の神様ワッキーは、ルーテシア2時代と同様、フロントタイヤハウス内の気圧を極力下げるような形状のストレーキを追加した。

信楽インターから三ヶ日インターまでの高速道路での体感。

「楽‼️」

どんな速度域でも、ステアリング保持に必要な神経の使い方が街中50 km/h走行時程度で済みます。

これはクローズドコースでの話ですが、150km/h以上出してしまえば、ディフューザーの効果で車体全体が沈み、ステアリングの座りも良くなりますよね?
そこまでの速度域で、ステアリングが神経質になると私は感じていたのですが、そのあたりが完全に解消された感があります。

今回は、実験で付けたので仕上げやら水平やら、見た目が悪いので、またそのうちきれいな完成品にしたいと思います!

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1448321388650311?sfns=mo

ルーテシア4/RS フロントストレーキ追加 57400km_f0032891_19104013.jpg

ルーテシア4/RS フロントストレーキ追加 57400km_f0032891_19104297.jpg


ルーテシア4/RSオイル&フィルター交換。57486km

クリオミーティング浜名湖に遠征する前にオイル交換をしました。
前回は5500km走ってしまい、
https://yowd.exblog.jp/30767184/
良くなかったので、今回は4200km。

本当は4500kmで交換しようと思ってましたが浜名湖往復で、距離がいきすぎるでしょうから交換。

オイルはいつもの「ワコーズ4CTs 5w40」
フィルターは「日産ピットワーク」

オイル交換後の感想は「何も変化なし!」
この距離ならオイルの寿命の内のようですね。

次回は、きっちり4500kmで交換しよう。
実験実験。

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1447405898741860?sfns=mo

ルーテシア4/RSオイル&フィルター交換。57486km_f0032891_09362899.jpg

ルーテシア4/RSオイル&フィルター交換。57486km_f0032891_09362909.jpg


ルーテシア4RS カーボナイザー処理 57187km

ワコーズのレックスと類似した、吸気系のカーボン落としが、自宅でできる製品です。

やり方はレックスと同じく先にガソリンタンクにインジェクタークリーナーを投入。
その後吸気系のダクトを外して特殊なノズルのスプレー缶からミスト状の溶剤を吸い込ませる。という段取りです。
レックスと違うのは、スロットルも洗浄するので、スロットルの上流から注入するという点。

ルーテシア4RSのM5Mエンジンの場合サウンドパイプを外してそこから注入しました。(スロットルに一番近い)

エンジンをかけながら注入するのですが、注入完了まで20分ほどかかります。

注入中、エンジンの回転数を上げたりしてみました。
なんとも表現ができないクサイ臭いが漂いまくり、死ぬかと思いました。w

注入完了後に回転を上げてエンジン内に残った溶剤を吐き出させてくださいと指示がありましたので、そのようにしました。

前回レックス処置をショップでしてもらってから約10000km。
カーボナイザー処置をしたあとは、確かな体感がありました。

直噴エンジンの宿命の吸気系のカーボン堆積を解消するための必須メンテナンスですね。

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1440507009431749?sfns=mo

ルーテシア4RS カーボナイザー処理 57187km_f0032891_16351798.jpg

ルーテシア4RS カーボナイザー処理 57187km_f0032891_16381911.jpg

ルーテシア4RS カーボナイザー処理 57187km_f0032891_16352176.jpg


ルーテシア4/RS オイル交換 53279km

前回 47753km時にオイルとフィルターを交換してから5500kmも走ってしまいました。
前回のレポ。
https://yowd.exblog.jp/30539402/

交換したオイルは、いつものワコーズ4CTs。
約4.5リットルで、ゲージのMAXまで入れてしまった。本当は、8割くらいがちょうどいいのだが、まあよしとしよう。w

オイル交換後は、エンジンのノイズが静かになって。
やはり、5000km以内に交換しないとオイルもご臨終のようです。
ここのところ忙しくて予定より1000km近く走り過ぎてしまったので、反省。

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1373372079478576?sfns=mo

ルーテシア4/RS オイル交換 53279km_f0032891_10424374.jpg