カテゴリ:・アーシング( 130 )

トゥインゴ3/1.0NA/MTアーシング施工

トゥインゴ3のNAに初アーシング施工。
0.9ターボとかなりアースポイントの状態が違い苦労しましたが、体感はとても良いレベル。

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1099883626827424/

f0032891_16330888.jpg

(╹◡╹)

[PR]
カングー2/1.2t/MT アーシング施工

定評のあるカングー2 ワッキーアーシング。
今回もバッチリ。

最新バージョンは、オーディオの音を良くすることも可能になっています。

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1099813483501105/

f0032891_09170968.jpg




[PR]
カングー2/1.6Lアーシング施工

今回のオーナーさんもリピーターさん。
一度、私のアーシングを経験された方のリピーター率は、非常に高いです。

今回も喜んでいただけて うれしい限りです😃

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1078362472312873/

(╹◡╹)
f0032891_15335386.jpg


[PR]
突き出たボルトの周りを磨く方法。

ECUやボディアースなど、M6ボルトが突き出た部分の磨きは、このような小技を使って磨くと綺麗に仕上がります。

用意するものは、
・M8ナット
・両面テープ(使い捨てにするので、安物でOK)
・サンドペーパー 各番手

f0032891_08150636.jpg


まず、M8ナットに適当な長さに切った両面テープを貼ります。
f0032891_08155962.jpg



そこに、サンドペーパーを貼りつけます。
f0032891_08164180.jpg


先の尖ったハサミで、×印にサンドペーパーを突き刺します。
f0032891_08180984.jpg


これを、突き出たボルトに突き刺し、クルクル押し付け回せば、ボルトの周りの 端子との接触面を磨くことが可能になります。
f0032891_08194264.jpg


この手順を繰り返して、番手を細かくしていき、鏡面仕上げします。


https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1074409662708154/



[PR]
カングー2/1.2t/MTアーシング施工

この方も名古屋から。
名古屋祭り?w

なかなか良い体感があったようです。
私もうれしい〜〜

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1070064519809335/

f0032891_15545761.jpg


[PR]
ルーテシア4/RSアーシングキット取り付けインプレ。

キットを購入してくださった方からのインプレが届きました。
うひょ〜。いい感じ‼️

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1067991993349921/



[PR]
トゥインゴ3/0.9/EDCアーシング施工

EDCが、ギクシャクすると、お困りの方。
かなり軽減できましたよ!

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1064912686991185/

f0032891_22484427.jpg


[PR]
カングー2/1.2ターボMT アーシング施工

名古屋からお越しくださいました。

非常に良い体感があったようで、うれしいインプレをいただきました。(╹◡╹)

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1063911630424624/

f0032891_09223676.jpg


[PR]
NSX バッテリー交換

ジャンプスターターで救援したNSX。
新品バッテリーが届いたので、即交換。

さすが!ホンダ!!
バッテリーの搭載位置はオーバーハングには無く、前輪軸より後ろ。
非常にアクセスが困難な位置です!
スポーツカーのこだわりですね。(╹◡╹)

f0032891_14443046.jpg

f0032891_14443288.jpg

https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1049535995195521/

[PR]

バッテリーメンテナンス週間!


私がアーシング施工をさせていただいたオーナーさんや、キットを購入してくださった方々にはお伝えしておりますが、

アーシングをしている、していない、関係なしに、バッテリーのマイナス&プラスターミナル部及びターミナルへのけーふ接続端子部には、3ヶ月〜半年くらいの周期で「接点復活剤」をプシューとしてしてあげましょう。


電気の流れを良くする接点復活剤も、乾燥してしまっては、その効果を発揮しません。

定期的に、プシューしてやってくださいね。

私も今日、約半年振りにやりました。

体感できるくらい変わりました。

最近私生活がバタバタで、メンテナンスをサボってた証拠。(笑)


さあ、今すぐボンネットを開けて「プシューーー!!」(╹◡╹)



https://www.facebook.com/157701907712272/posts/1042395065909614/





[PR]