PCだけじゃなく、ATも熱暴走するのね。

ここんところの酷暑。
お盆休み期間からいろいろ都合があって、
私が親父号ph2/RXT-AT(DP0)に乗る機会が多かったのですが
車外温度計が35度を超えて38度とかになるのはざら。
そんな中で渋滞とかにはまると、その後はATが間違い動作をしまくってくれますねえ。^^;
まさしく熱暴走ですわ。これじゃあ。



 
うちの親父号はちゃんとリコールでATFクーラーを4層から6層に容量アップされてるんですが
根本的にATF温度が高くなりすぎるのが DP0の弱点ですなあ。

先述の様に昼間、暑い暑い熱い中を「ゴルァ、間違うな!」と ATに怒声を上げながら走り、現地へ到着して車を止め、何時間か用事を済ませた後の帰り道。

日も暮れて車外温度計も27~29度程度まで下がってると
賢い賢いATに戻ってくれてます。^^;

でも、止めてる時間が短いと、ATF温度は高いままなのでしょうね、
外の空気は涼しいのにATは、やっぱりちょくちょく間違って動きます。


ディーラーのメカ君と話してたんですけど、エンジンのオイル量も多いし(約5L)
とにかく、一度熱くなるとATFが冷めるまで時間がかかるのが難点らしい。
 (国産車だと2Lエンジンでもオイル量は3L位しか入ってないものも多い。
  オイル劣化が早い変わりに、冷めるのも早い。ってこと。)

ラジエタからATFクーラーまでの冷却水ホースの間になんとか工夫して、オートバイのラジエターでも挟み込んでサブラジエターにしてATFをより冷やせるようにするとか・・・、
なんとか対策しないと、全然本来の性能を発揮できない状態ですなあ。

フランス本国での開発想定温度を超えてるっちゅーことなんでしょうがねえ。

きっと、車外温度計が40度近い時の路面温度は50度をはるかに超えているだろうし
ATFの温度はいったい何度まで上がっているのだろう?
もうATF本来の性能を発揮できない温度まで液温度が上がっていることだけは確か。
熱いと誤作動・冷えると正常。ってことからもそう判断できる。

なんとか、「液そのものを冷やす方法(オイルクーラー的なもの)」や
「ハウジングを水冷にしちゃうような方法」(アルミパイプをATハウジングの周囲に張り巡らせ、熱伝導のよいPCのCUPのフィンに使うような熱伝導グリスを使用して密着させて その中に、エンジン系とは別のラジエタで水冷にする。)

そんなことができないかなぁ~。と思っていた一週間でした。

ま、考えているうちに涼しくなって、熱暴走しなくなる時期がくるんでしょうけどね。^^;


あと、DP0で最高速アタックとかしたら一発でATFの寿命がきちゃうそうです。
(ひとから聞いた話。ドライブシャフトの回転数が非常に高回転になるので
いくら風が当たってても、加熱による劣化の方が勝つそうな。)

ゆ~っくり、走ろう~♪ お~お~ローーーレル~~♪ というCMソングを思い出しました。(笑)
[PR]
by wakky-yowdow | 2007-08-24 14:04 | ・車関連