コレオス@KOLEOS@是雄の秘部。ウフ

先日、鍼治療の帰りに某デーラーへ立ち寄ったところ
ルノーのニューモデル!

KOLEOS が来てました。(展示車への準備中)
f0032891_1243029.jpg
ちょうどリフトに上がってたので、あんなところやこんなところ、
恥ずかしい部分を
じっくりと
舐め回すように
脳裏に焼き付けるかのごとく
見てきました。(笑)



 
日産エクストレイルのドライブトレインを使っているとの事ですので
エクストレイルとの違いを探る!
という意気込みで覗いてみましたが、エクストレイルの下回りを見たことがないので
よくわかりません~~。(笑)

で、
まず目に付いたのはリアダンパー。
f0032891_12403945.jpg
エクストレイルもそうらしいですが、ザックスが付いてますね。


リアサスアーム。
f0032891_1332177.jpg

んん? ボディ側の支点に見慣れないものが。
f0032891_134112.jpg
トーコントロール(キャンバーも変わりますが)用の偏心ボルトが。

リアタイヤの前に出ているリンクの車体側取り付け部にも同じく偏心ボルト。
f0032891_1354225.jpg


今までのルノー車だと、
アライメント調整ができるのはフロントのトーだけ。というイメージがありましたが、
日産がメカニズムを作るとこうなるのですね。

それから、フロントブレーキは片持ちの2ポッドでした。
f0032891_137206.jpg



ここで、豆知識。
フランス車の場合、
M6-M8-M10-M12 のボルトに使用するレンチのサイズは
10mm-13mm-16mm-18mm ですが、
日本車の場合だと
10mm-12mm-14mm-17mm となります。

コレオスの場合、この辺りがごちゃまぜになってるので、整備するのに
ムチャ沢山のサイズの工具が必要になりそうですね。
ちなみに、先の写真のキャリパーのスライドシャフトのボルト頭サイズは14mmだったので
ルノー製のブレーキじゃないですね。
でも、日産で同じキャリパーを使っているわけでもないとのことでしたので
いったいどこから持ってきたキャリパーなんでしょ??

下回り全景を見てみても、10-12-13-14-17-18-19あたりが目に入りました。
f0032891_13143831.jpg



それから、エンジンは、エクストレイルの2.5Lと同じ「QR25」なので
オイルのドレンプラグボルトも普通の14mm頭のボルトでした。
8mm四角の仏車用専用工具は要らないわけですな。
f0032891_13133432.jpg


ということで、毎度のごとく偏ったレポでございました。(笑)
[PR]
by wakky-yowdow | 2009-06-06 13:15 | ・車関連