マクファーソンストラット式フロントサスペンション。

ご存知の方はご存知でしょうが。



 
ルーテシア2のフロントサスペンションは、マクファーソンストラット式。

このサスペンションは、整備性の良さや、シンプルな構造など利点は沢山あります。


んが!問題点もあります。

それは、構造上の避けられない問題としてダンパーが直線的に動かないということ。
微妙にコジって伸び縮みしちゃうわけです。

なので、うちのルー2/ph1金色号のFダンパーも
「抜ける」より先に、ロッド曲がりが原因か?シール部分が原因か?
フリクションが増えて、乗り心地が悪くなってきました。
よーするに、ダンパーの動きが渋くなってきたのです。



う~ん。
まだ抜けてもいないのに交換するのはもったいない気もするし・・・。
どうしようかなぁ~~。

アッパーのマウントゴムも昨年の鈴鹿ツインサーキット走行会の影響大で
(150km/h以上からのフルブレーキング)とかしてたので
以前に交換したときとは比べ物にならないくらいつぶれてます。。。
(春にダストブーツを交換した時に確認済み)

ま、9/28(日)の名阪スポーツランドでの走行会が済んでから考えようか。^^;
[PR]