本当に復活(笑) 親父号Lutecia2/ph2/RXT-AT

先日の日記 で、復活したとレポしましたが・・・、
実は、半復活ぐらいでした。(汗



 
残念ながら画像は撮影してませんが。^^;

で、再び、実は、、
あの翌日の夕方~夜、ATF&エンジンオイル交換の為に親父号でちょいと走ってみたら、
走行中にスピードメーターが「0」に落ちたり、
また再度、走行速度までピーーンと跳ね上がったり・・・。

接点復活剤だけでは、復活しきれてなかったようです。

コネクタ端子の噛みが弱いのかな?
それとも、端子表面が酸化してるのかな?

というわけで、またまた昨日の夕方
改めてフューズボックス内の信号系コネクタを全部外してっと、

・コネクタ本体を絞ったウエスで拭き掃除。
・エアダスタースプレーで埃飛ばし。
・それでも落ちない汚れは、接点洗浄剤でクリーニング。
・針のようなコネクタ端子のオスを全て(何十本?)コンタクトZでスリスリして
  コンタクトZで磨き&カーボン付着処理。
・コパスリップ(導電グリス) <参考ページ> を針端子の頭に爪楊枝を使って適量塗布。
・コネクタを抜き差し抜き差しして、コンタクトZで、端子表面研磨 兼 馴染ませ。

と、フルコース処置をいたしました。
テスト走行いたしましたが、どうやら完全復活した模様です。

あとは、フューズボックス自体の密閉度をどうやって上げてやるかですなあ。
今のままだとまたいずれ埃・塵まみれになるのは目に見えてますしねえ。(ルノーのアホ~
しっかし、あれだけ「ドバーー」っと隙間が開いてると、
スポンジでも詰め込んでやろうか?なんて思ってしまいます。

ま、直接、水がビシャビシャかかる場所じゃないから
独立発泡のスポンジゴムでなくてもいいかな?

好きな大きさに切って使う、安物の洗車スポンジでも買ってきて
隙間の開くところ全体に覆うように挟んでフューズボックスを閉める。
という作戦でもいいかな?

はあ。疲れてきた。^^;

<注意>
このページを参考に作業される場合は100%ご自身の責任のもと行ってください。
当方はトラブル・事故などが発生しても一切関知いたしません。

[PR]