復活 親父号Lutecia2/ph2/RXT-AT

昨日アップした、トラブル。
蒼き狼さんのコメントを参考にと、ディーラーへ向かう前にフューズボックスを開けてみた。



 
すると、そこには、、埃まみれのリレーやコネクタ達が哀れな姿で・・・。

とりあえず、フューズボックス内のコネクタホルダやらフューズホルダーやらを外して
コネクタからリレーの端子からフューズの端子まで、全てに接点復活剤を塗布。

そして、いざディーラーへ向けて出発!!
あれ?スピードメーター動いてますけど。www




やはり、蒼き狼さんのケースと同じく、
箱の中の信号線のコネクタの接触不良が原因だったみたい。

でもまあ、やはり心配なものは心配なのでディーラーへ道中連絡して、
症状は回復したが、エラー履歴の確認をお願いしたいので
診断コンピューターにつないで診てもらえるか聞いてみる。
運良く答えはOK。ラッキー♪

で、診断コンピューターのコネクタを繋いで診断中・・・診断中・・・診断中・・・。

やはり、速度信号系統にエラーが残っていた。

症状は回復しているので、エラー履歴を消してもらって、また当分走って様子を見ることに。
で、また診断コンピューターに接続して、再びエラー履歴が出るかみる。
という対処を行うことに相談完了。

↓問題のフューズボックス内↓
f0032891_21204250.jpg
この画像は、ディーラーでエアーガンを借りて埃を全部吹き飛ばした後。
ゆえに私が最初に見たすさまじいばかりの埃の物体の塊の姿とはちょと違います。^^;

どうして、そんなに埃が入るのか?
答えはこれでしょう。きっと。
f0032891_21222394.jpg

ph1のフューズボックスは、もうっちょっと密閉性が高かったと思いますが・・・。
こんなに中の配線束が丸見えでは、そりゃ埃もはいりますわな。(笑うしかない?^^?

スポンジゴムか何かで隙間を塞いで防塵対策した方がいいかなぁ。。。


とまあ、車は預けずに乗って帰れてよかったよかったです。

往路ではフロントガラスに色々なものが映り込んで運転しにくかったので
ディーラーの駐車場でダッシュボードを取り付けてから帰ってきました。^^;
完成図。
f0032891_21255032.jpg


さてさて、とりあえず今回のトラブルはこれで解消かな。

自分の車、1999式・金色号と比べるからまだまだ新しい車だと思ってましたが
よくよく考えると親父号ももう車両年齢は6年。
そろそろトラブルも出てくるお年頃ですねえ。

何はともあれ、短期間で原因究明・症状解消となったので
お知恵をいただいた皆々様に感謝感謝でございます。

また助けてくださいませ~~。よろしくですぅ。^^/
[PR]