シトロエンC5 ワンオフ アーシング完了!!

いやぁ、すさまじい一日でした。なんと作業総時間、7時間! 今までの最長記録です。
ふはぁ~心地よい疲労感・・・。  というのを通り越しそうな世界。(笑)

まずは完成図♪  (画像はクリックすると巨大化します。)
f0032891_0262632.jpg
エンジンルーム内がカバーリングされているので、いったいどこがアーシング施工済みなんだ?と思われる方も多いでしょうが。  まじ、大変だったんですから~~(滝汗



今回の施工車両は、C5の前期型。2000cc。AT。
そしてサスペンションはハイドロ!!
ハイドロにアースひくのは初体験。はてさてどういう風にするかなぁ。
なんせ、下見なしに初見で作業を行うので前夜は緊張でなかなか寝付けない位。^^;

作業当日の朝、オーナー様がご家族と一緒に到着。
約1時間ほどかけてアースポイントを大まかに確定。 そして作業開始。
当初は2日に分けて施工しようという計画だったのですが、
オーナーさんはけっこう遠方から来られた方。
ということでぇ、色々吟味した結果、少しでも負担を軽く済ませられるよう、
1日で仕上げることに計画変更。(冷や汗かきつつ。w)
作業の間は、ご家族で京都観光にどうぞどうぞ。
晩御飯も食べてから帰ってきてくださいね。って感じで。^^;
見学していたらあまりの長時間で死んでしまってはいけませんから。冗談^^;


で、今回ひいたアースポイントは。。。

・動作系
◎メイン・ボディ(いつもの如く私のポリシーでメインフレーム《サイドメンバー》に一発!)
◎エンジン(シリンダヘッド)
◎ATハウジング
◎トルコンハウジング

・制御系等
◎ECU
◎AT-CU
◎ハイドロ制御ユニット(油圧コントロール系 一体型)
◎スロットル
◎ABS
◎O2センサ

ということで合計10ヵ所。

ハイドロまで電子制御だから当然ですが、
コストダウンの為?間接アースで済まされている部分全てに、
今までの施工経験の中でも最高に沢山のポイントにアースを直結したことになります。

まずはエンジンルーム内の邪魔者を全て外して接続開始!
補機類が多いのでステー類も多くて接続ポイントの下地処理しにくい~(悲痛
f0032891_0341461.jpg


2Lエンジンのタイプだったからまだよかったものの、これがV6-3Lだったら私、途中で逃げ出してたかもしれません。(笑) それくらいタイトなレイアウトでした。
その上、鼻が長ぁ~~い。 バルクヘッドまで手が届かないですぅ。

エンジン&ATはプジョー307と同じハードが使われているのである程度想定していたのですがコンピューター関連やら何やらいろいろとレイアウトがかな~り違いまふ。
とかなんとか言いつつも、電線の神様が憑依する寸前のトランス状態で作業は続けられていきました。(他人事みたいw)

外したパーツをある程度戻した状態(スロットルの口とバッテリの+ターミナルは絶対要養生)
f0032891_0373529.jpg


写真には写ってませんが、ハイドロユニットへの接続には電線の神様から
ビビビッっとイメージ図が送られてきてそれに従ってケーブル接続。(笑)
(かなり誇張して書いておりますので誤解なきよう。
 私にお祓いとかしてもらおうと思ったりしないようにお願いいたします(爆))

そして気づけば午後7時。いつの間にこれだけの時間が経ったのだろう?(汗
何はともあれ無事イメージした全ての工程を完了。
これは自分でも満悦満悦。

さてさて、実走行での成果の程は?!

これは 「オーナー様からのインプレ掲示板への投稿」 をご覧くださいませ。
アーシングウェブサイト→インプレのページ→インプレ掲示板:投稿日時:2007/11/12 19:27:32


作業完了した後のビールの美味かったことといったら。^^/

これでまた変態的完璧主義的電線中毒患者の人生が続きそうです。(笑)
[PR]
by wakky-yowdow | 2007-11-13 01:01 | ・アーシング