プリウス アーシング ワンオフ施工

以前このブログで、新型プリウスのアース最適化したいしたい病にかかってる
というお話をさせていただきましたが。 >このページ

ついに昨日、遠くはるばる、埼玉からお越しになられた人柱さんのご協力を得て、
作業させていただくことが出来ました。^^
f0032891_1312880.jpg
(全ての写真はクリックするとそこそこ巨大化します。^^)



 
感想はと言いますと。
「いやぁ~、大変でした。」(^^;

トEタは、あまりにもにもボディアースを大事に考えていないということがアリアリと感じられ
フラストレーション溜まりまくりながらの作業とあいなりました。
ボディのアース環境の良い部分にほとんど空きボルト穴が無いのですよ。。。

とは言っても、わたくしにも、電線アーチストとしての意地と誇りがありますので
トEタの謀略wに負けず、なんとか予定していたポイント全てにアースを引くことができました。

本当ならば、「ここ!」 というベストなポイントに
ドリルで穴を開けてでも、わたくしオリジナルのアースポイントを作りたかったんですが、
さすがに自分の車でもないので、衝動を抑えつつ作業を進めました。^^;


まずは、以前のブログ記事にも書いていたトランクのオーバーハング部分に
搭載されているバッテリーからのメインアースを最適化します。
f0032891_1105545.jpg
赤矢印で示した部分、内装材の裏側にポチっと8sqのメインアースが簡単に取り付けられています。(初代ヴィッツと同じスペックのケーブル&方法で)
こいつは、そのままに、より効率の良い場所へ、22sqのケーブルでボディアースをひきます。
f0032891_114118.jpg
(この写真だと、遠近法であまりケーブルの太さに差がないように見えますが、
 肉眼で見ると純正のアース線は、まことにトホホ。 取り付け方もトホホ。)

で、どこへボディアースを引くかと言うと。
f0032891_12592251.jpg
サイドシルでおます。
ここなら、エンジンルームのサイドメンバー(俗に言うメインフレーム)まで直通状態。
(以前、ドラッグレース仕様のR32-GTRに施工した時の経験が役に立ちました。
 900psのカリカリのフルチューンマシンが街乗りできるようになった。^^)


内装を元に戻したら、エンジンルームの作業へ移ります。
f0032891_1313948.jpg



エンジンルーム内では、メインフレームになかなか良い空きボルト穴が無くて苦労しましたが
なんとか、全ての狙ったポイントとボディを直アースすることができました。
f0032891_1333942.jpg
(吸気ダクトなどを元に戻しちゃったら何をしたのか全然わかりませんね。^^;)

オーナーさんのメールによる第一印象によりますると
「オーディオのノイズが無くなった。」そうです。
いまいちノイズの意味がはっきりしませんが、音がクリアに聞こえるようになったという意味かと思います♪
あれだけの間接の間接の間接の間接の・・・ボディアースしかなかったのだから、
この結果は当然と言えば当然ですが。^^;>オイ、トEタ!ww

走りや燃費に関しては、旅の帰りで確認していただけることでしょう。

今からインプレが楽しみです。^^
[PR]
by wakky-yowdow | 2009-08-16 13:14 | ・アーシング