続:Renault と Renault Sport の違い。。

本日は、前回、レポしたスタビブッシュ崩壊 の続編です。

問題のロアアーム側の支持部分をご覧いただきましょうか。



 
まず最初の写真。 (各画像はクリックすると多少巨大化します。)
ロアアームの裏側です。この16mmの穴にスタビブッシュの「凸部」が収まるわけです。
f0032891_15522075.jpg
パッと見てわかるように、スタビブッシュの当たっていた部分の跡が、
穴の中心からけっこうずれていますねえ。
(理由は、前回のレポをご覧いただいていればわかります。よね?^^?)




では、もうちょっと近くへ寄って見てみましょう。
f0032891_1556767.jpg
穴の内周が、なにかおかしいですね。^^;




それでは、もっともっと近づいて見てましょう。
f0032891_15571945.jpg
ぎゃおー!
スタビブッシュが破壊されたことによって、
何度も何度も、中心のスタビ固定のシャフトが打ちつけられて
こんなに、鉄製のロアアーム穴に打撃痕が~。。

スタビ固定のシャフトは、ほとんどストロークしませんので、純粋に打撃による跡ですねええ。

ヤスリのようなものをストロークさせたのなら、これだけ減っていても不思議ではないですが
これには驚きました。

やっぱり、素ルノーには荷が重かったようですなぁ~~~。



ちなみに、反対側の画像もちょこっとドゾ。
f0032891_1645210.jpg

f0032891_1652871.jpg



いやあ、勉強になりました。
これからは、金色号は「穏健派」として余生を過ごさせていただこうと思います。ww

せっかく、部品を全部新品にしたのだから~~
[PR]