ボンネット前端のウエザーストリップゴム交換 ルーテシア2/ph2

親父号・ルーテシア2/ph2/RXTのボンネット前端下の
ウエザーストリップゴムを交換しました。  (6年半も経つといろいろ出てきますなぁ。)
f0032891_2128279.jpg

実はこのゴムシールって、安全面において かな~り重要な部品なんですよ。
ご存知でした?



 
どういう時の安全面かと申しますと、それは、高速走行中でのことでございます。

この部分から空気がエンジンルームへ入り込むとですね、気圧の影響でボンネットがバカッと開いてしまう可能性があるんでございますわ。
ラッチの固定力を超えた場合ですが。
(空気の圧力というのは、日常生活からは考えられないほど、暴力的なパワー&エネルギーですので、ピンとこない方のほうが多いとは思いますが、、とっても恐いものです。)

実際、AE70カローラ時代(今から25年ほど前の車ですが)には、
こういうものが付いていなかったので、
130kmを越えると、ボンネットがブルブルガクガク&ワオンワオンして…、

いつバコーーーンと全開になってエアブレーキand目隠しになってしまうか考えるとムッチャ怖かったものです。
(全開で済めばいいですが、全壊になる可能性もあり。)


で、交換しようと思ったのは、新車の頃からついていたこのウエザーストリップがこういう状態になっていたからなんでございます。

ビロビロ~
f0032891_2134214.jpg

ぶへぶへ~
f0032891_21521959.jpg


生き残っていたのは、この部分だけ。
f0032891_21351988.jpg


パッと見ただけではわからないかもしれませんが、エンジンルーム内が埃まみれになってたら疑ってみる価値ありでございます。


新品はこのように逆Qの字で凛々しくそびえたっております。w
f0032891_21375853.jpg



交換方法は、言わずともわかると思いますが、ラジエタアッパサポート兼アッパークロスメンバーの耳を挟み込んでいるのを外して付け直すだけでございます。

ということで、これで190kmでも安心です。<妄想癖激しい。(笑)


おまけ写真
f0032891_11414768.jpg

 
[PR]